イベントは 終了 です

「未来の食」を生み出すワークショップ~テクノロジー×食~

詳細
LivingAnywhere Commons(LAC)は、自宅やオフィス等、場所に縛られないライフスタイル「LivingAnywhere」を実践することを目的としたコミュニティです。
今回、オープンCommonsというお試し期間に、AIやバイオなどのテクノロジーを使ってLivingAnywhereを実現するための食、「未来の食」を生み出すワークショップを開催します!

本ワークショップでは、「なぜ人はおいしいと感じるのか」というガストロフィジクスの考えに基づき、日本の伝統文化を活かした全く新しいLivingAnywhereのための美味しい未来の食を考えます。そして、様々な職種・業種、地域の人・都心の人が集まり、ともに考え「未来の食」を共創することを目指します。 プログラムでは、株式会社Eyes, JAPANの山寺 純氏によるプレゼンテーション、キッチンでの体験型のワークショップやディスカッションなどを予定しています。

▼イベント概要
日時:8月29日(木)ー30日(金)1泊2日
会場:LivingAnywhere Commons会津磐梯
料金:LACommonsの会員の方は無料
   ビジターの方はお試し価格3240円
   ※交流会は、一律2000円
   (ドリンクはキャッシュオンになります)

▼タイムスケジュール
8月29日(木)
13:30-18:30
第1部 LivingAnywhere×Food(By Eyes,JAPAN)
  13:30-13:45 LAな未来の食とは?(山寺)
  13:45 - 14:45 未来の食ワークショップ(代替肉)
  14:45 - 15:30 分子料理法ワークショップ (喜多見)
  15:30 - 16:30 未来の食とは?ディスカッション  
  16:30 - 18:30 発酵ワークショップ(味噌作り)

19:00-21:00(希望者のみ)
  第2部 地域との交流会
  地元野菜でピザ作り
  福島の食を楽しむローカルスナック

8/30(金)
 9:00-10:00 バイオ勉強会(CRISPR)

▼プログラムのご紹介
1. 未来の食とは?
LivingAnywhereが実現する未来には、私たちの食文化も大きな変化が起きていることが予測される。ポストシンギュラリティの時代を迎え、人類が宇宙に旅立つ時、未来の食はどうあるべきでしょうか?ワークショップの導入として、AIやテクノロジーを活用した最先端の食の事例に触れ、未来の食の在り方を考えます。

プレゼンテーション:山寺 純氏
株式会社Eyes, JAPAN 代表取締役/チーフ・カオス・オフィサー 1968年福島県会津若松生まれ。1995年に大学生と会津大学初のスタートアップ企業として「魔法と区別がつかない優れた技術を創造する」をビジョンに「あいづ・ジャパン(現株式会社Eyes, JAPAN)」を創業。以来、ウェブサイトの構築やモーションキャプチャを使った医療動作解析やCG制作のみならず、VR, AR, ロボティクス、ヘルスケア、セキュリティなど先進的なプロジェクトを多数手掛けている。

2.未来の食ワークショップ
代替肉、分子料理法ワークショップ 世界一予約がとれないレストランと言われたエル・ブリに代表される科学的料理方法「分子料理法」、米ファーストフード大手のバーガーキングが植物由来のフェイクミートを発表したことでも話題になり、今後10年間でおよそ1,400億ドルの市場規模に達すると期待される「代替肉」など、未来の食文化を担う最先端の調理法を、キッチンで実際に調理し、未来の食を体感いただきます。

3. 発酵ワークショップ(味噌作り)
酒や味噌など日本の食文化に欠かせない発酵の技術は、近年バイオテクノロジーやゲノム解析を用いた研究、開発が盛んに行われている。ワークショップでは発酵キットを使用し、味噌づくり体験をしながら発酵の仕組みを知り、発酵のおもしろさや未来の食への可能性を感じていただけます。


▼講師のご紹介
金丸 美樹氏(株式会社SEE THE SUN 代表取締役社長)
1998年森永製菓株式会社入社。商品開発、マーケティング、広告を経て、2014年より新規事業の担当へ。食品業界初のアクセラレータープログラムを手掛けたのち、2017年、コーポレートベンチャー株式会社SEE THE SUNを立ち上げる。「テーブルを創るすべての人を幸せに」をミッションに50年後、100年後の食に向け、個人や企業を超えた共創を目指す。


岡本 珠子氏(料理家 おもてなしプランナー)
旬の食材を生かしながら、おいしさだけでなくヘルシーで作りやすい料理、また美しい盛り付けに力を注ぐ。自宅にてテーブルコーディネートや盛り付けを含む料理教室を主宰。 企業へのレシピ提供、コラボワークショップなども多数行う。


山本 尚明氏/安久 尚登氏(パナソニック株式会社 デザイン本部 スペース&メディア創造研究所)
生活研究をベースに、サービス/空間構築に特徴を持った新規事業開発に従事。現在、未来の食価値として、発酵の魅力を探求すると共に、味噌が広げる善いくらし・生き方を提案。くらしを醸すツール・キットサービスを、2017/18年にSXSW Ferment2.0として出展。


喜多見 悠貴氏(株式会社Eyes, JAPAN Chief Cooking Officer)
現在、株式会社Eyes, JAPANで分子料理法やロボットを使ったボットソーシングなどを幅広く研究開発中。


高山 仁志シェフ氏(モダンフレンチ)
1976年3月24日 宮城県仙台市生まれ。"Play food,Eat happiness"、食を遊ぼう、幸せを食べようをコンセプトに様々なイベントやレストランの食をプロデュース。 秋田県湯沢市"fermentator's week"、宮城県松島町"Restore&Run"、香川県三豊市"三豊鶴"等で食を通した都市の活性化を促す活動も行う。 未来の食を考える"future food"について飲食人達を集め本気で議論する"future food lab"を設立予定。 仙台"Kappo"創刊100号記念の集大成企画"街の誇り魅力を生み出す宮城の100人"に選ばれる。


本村拓人氏(創造区画家)
1984年4月28日東京生まれ。生活者の想像力を掻き立て、関わりあう人の創造性が発揮される一区画"Creative One Block"を都市・地方へ宿すプロジェクトを多数展開。専門は地域経営・都市開発。趣味は多拠点居住。特技は旅。2009年株式会社グランマ創業。主にアジア8カ国にて地域開発・経営に従事。国内では東京と東北を往き来しながら、秋田県南に位置する湯沢に”Fermentation City”を企画。また、同地域で発酵ギークたちが集う年に4回のカルチャーフェス(https://www.fermentators.com/)を企画運営する。都内では自由大学のディクレターとして複数の講義を担当。(https://freedom-univ.com/people/takuto-motomura/)また、世の中に新たな"思索"を提示するキュレーターとして世界を変えるデザイン展、Design For Freedom等、展覧会やムーブメントの企画を運営する。基本的に個人の時代をいかに豊かに生きられるか?をテーマにRadicalな思想や発想をもつ先駆者たちを世界でおいかけ、複数メディアで執筆・寄稿する。
bizine : (https://bizzine.jp/article/corner/109)
福岡市景観 http://f360do.jp/FUBA/archives/author/motomura-takuto


山崎 孝一郎氏(Tohoku Innovation Fes主宰/合同会社Grow Forward代表)
1994年長野県松本市生まれ。 神田外語学院を卒業後、東北大学経済学部に編入学。大学在学中より複数の企業インターンを経験。2019年合同会社Grow Forward代表に就任。 東北の現在地と未来について考えるインタラクティヴイベント「Tohoku Innovation Fes」主宰。 2019年6月より仙台フォーラス8階にて東北の新しい時代を切り拓くクリエイティブスペース「TAGE」をオープン。 また2019年10月より宮城県丸森町の起業型地域おこし協力隊プロジェクト「まるまるまるもり」プロジェクトの隊員に着任予定。 人口13,000人の消滅可能性都市から世界に通用する事業として酒造り経験ゼロで新規日本酒蔵の建設および日本酒製造に挑戦。


山寺 純氏(株式会社Eyes, JAPAN/代表取締役チーフ・カオス・オフィサー)
1968年、福島県会津若松市生まれ。1993年、日本で初めてのコンピュータサイエンスの単科大学である会津大学の事務局で通訳翻訳員として働き、インターネットに出会う。その後1995年に大学生と会津大学初のスタートアップ企業として「魔法と区別がつかない優れた技術を創造する」をビジョンに「あいづ・ジャパン」を創業し、以来、ウェブサイトの構築やモーションキャプチャを使った医療動作解析やCG制作のみならず、VR, AR, ロボティクス、ヘルスケア、サイバーセキュリティ、AIなど先進的なプロジェクトを多数手掛ける。2012年にはチームがロシアのハッキングコンテストであるPhDays 2012のCTFで日本人としては初めて9位入賞、また日本で初めての医療ハッカソンを開催(のちにセキュリティ/IoT/バイオ分野へ拡大)、2013年には、アメリカ・シリコンバレーで行われた「Health 2.0」のハッカソン、デベロッパーチャレンジに日本代表として参加し、優勝。世界各国の77地区の代表チームの頂点に立つ。また日本で行われたWebセキュリティの大会OWASP Hardening One Remix 2013優勝、2015年TEDxKobeスピーカーでもあり、今まで累計で250名以上の優秀な人材を輩出している。
最近はポストシンギュラリティな生き方を模索するため、sakesenpaiとしてフランス、オランダ、アメリカなど国内外で日本酒、発酵文化の啓蒙活動や、人類の宇宙進出を睨んだ食の再定義をするため、ガストロフィジクス、ボットソーシング、AIを使った機械的創造性、サステナビリティやサーキュラーエコノミーなどの研究開発を行っている。
東京カレンダー公認インフルエンサー、一般社団法人LivingAnywhere理事、Safecast顧問、厚生労働省医療系ベンチャー・トータルサポート事業(MEDISO)サポーター。



▼宿泊を希望される方へ
お部屋の用意の関係で、利用ご希望日の3営業日前までお申し込みください。
申込完了メール等の送付等はございません。
ご利用当日の前日に、「スマートロック 」の番号をお送りします。

▼施設のご利用
また、アメニティはシャンプー・リンス・ボディソープ以外はありません。
歯ブラシ、タオル等は各自ご用意ください。

施設のご利用にあたっては、事前に下記の利用ガイドをご確認ください。
https://docs.google.com/document/d/1Tb3Pume56_-ycZ7wQX5S7di6zf8ApB0HbI-NnOd_-io/
追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#466418 2019-08-27 07:55:10
過去の更新
2019/8/29 - 8/30
[ 木 ] - [ 金 ]
13:00 - 10:00 JST
カレンダーに追加
会場
LivingAnyhwhere Commons会津磐梯
チケット
ワークショップのみ参加(宿泊なし) 満席
ワークショップのみ参加(宿泊あり:メンバー) 満席
ワークショップのみ参加(宿泊あり:ビジター) 受付終了 ¥3,240
交流会(一律2000円、ドリンクはキャッシュオン) 受付終了 ¥2,000
会場住所
福島県耶麻郡磐梯町大字磐梯字七ツ森7066番地5 日本
主催者
LivingAnywhereCommons
フォロワー数: 21